目の下のクマに効くクリーム、解消したのはこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目の下のくまは年齢肌のサイン、と言われますが、実際に出来てしまうとかなりショックです。
私も数年前に黒ずんだくまが出来て、表情が一気におばあさんのようになりました。
その時、始めは寝不足が原因だと思っていて、マッサージをしたり、アイクリームを使ってみたりしましたが、なかなか解消しなかったんです。
そこで調べて分かったのが、目の下のクマには種類があって、それに合わせた化粧品を使わないと解消しない、ということです。
これがわかって正しいケアをしたところ、数か月でくすみも取れて肌が明るくなりました。
肌年齢が気になる方、ぜひ参考にしてください。

目元のくまには種類がある

・茶色になるもの
これはシミと似たようなもので、紫外線によるものです。
目元の皮膚はとても薄いため、表面に広がって色が出ます。
この場合、コンシーラーやファンデーションで隠していても消えません。
美白系のクリームや化粧品でケアしましょう。
ビタミンCやハイドロキノン、トレチノインといった成分が改善に有効です。
美容クリニックでのレーザー治療でも消せます。

・青色になるもの
これは血行不良やホルモンバランスの崩れによるものです。
体の冷えや目の疲れが原因です。
基本的には一時的なものですが、年齢によって慢性的に出る人はアイクリームでのケアも必要になります。
症状が軽い場合はマッサージや市販の温めるグッズで温めて血行を良くしましょう
お風呂での半身浴や全身マッサージを受けて全身の血行を良くすると解消できます。

・黒色になるもの
これは筋肉の衰えによるたるみが原因です。
40代からのエイジングケアをしっかりする必要があります。
一度たるみができてしまうと戻すには筋肉を再び刺激する必要があります。
あるいは、コラーゲンなどのハリがアップすうる化粧品を使うのも有効です。
筋肉を刺激するには美顔器がおすすめです。
アンチエイジングのためには、食べ物や栄養にも気を使いましょう。
添加物の多いジャンクフードや外食を続けていると、体に活性酸素や老廃物が増えます。

そうなると体の衰えが早くやってきますので、酵素ドリンクや青汁で栄養バランスを整えましょう。

目の下のクマに効くクリームのおすすめ

困った目の下のクマを本気で改善『アイキララ』

snapcrab_noname_2016-10-19_1-38-29_no-00

老け顔の原因【目元のたるみ】解消クリーム『アイキララ』

年齢と共に目立ってくる目の下の悩み、その原因は「皮膚が痩せる」ことにあります。
若いころは体内でコラーゲンが生成され、ハリと弾力があるのですが、それはだんだん減少していきます。
するとハリがなくなり皮膚が薄く痩せてしまうのです。
特に目の下は人の体の中でも最も薄く、0.5mmほどしかありません。
つまり、筋肉の衰えや血行ではなく、皮膚が薄くなった分、筋肉の色が透けて見えて黒っぽく見えてクマができるのです。

その対策として必要なのはコラーゲンを増やす事、でも、もっと必要なのはコラーゲンを作る元を補うことなんです。
それが「MGA」。
これは、北の達人コーポレーションが永年の研究で検証をして効果を確認した成分で、これを補うとハリが回復してクマがきれいに消えるのです。

愛用者の口コミ
大沢さん 42歳
30代後半から肌のハリがなくなってきているのを感じていましたが、40歳を過ぎてから目元が特に気になり始めたんです。
なんとなく黒ずんできて、始めはファンデーションでごまかしていたんですが、それでも目立ち始めました。
そこで調べて分かったのが皮膚が痩せているということ。
そこで紹介されていたアイキララを試しに使ってみました。
すると、1週間ほどで塗った箇所に弾力が出てきたんです。
これは効いてると思い、1ヶ月ほど使ってみると、だんだんクマの黒ずんだ色が取れてきて、明るい肌を取り戻せました。
肌が明るくなると気分も明るくなります。
ありがとう、アイキララ。

 

フラバンジェノール配合「7日間集中ケアセット」

snapcrab_noname_2016-10-19_1-39-10_no-00

フラバンジェノールという言葉をご存知でしょうか。
これは、フランス南部の海岸の松から抽出されるポリフェノールの種類です。
抗酸化作用が非常に高く、コエンザイムQ10の250倍、ビタミンCの600倍にもなります。
まさに女性の年齢肌対策におすすめで、クマやたるみ、シミ、ほうれい線、くすみにも使えます。
石鹸、化粧水、スペシャルマスクなど7点のお試しセットで実感してください。

目元の悩みに直撃!すっぴん力を上げる悩み向けシワクリーム【Gracieux+】

目元年齢、気にしていますか?
目の下は年齢感を表す重要なポイントです。
この箇所の専用アイクリームとして開発されたのがグラシューです。
まず重要なのは保湿。
目的別に3種類のヒアルロン酸と、ナノ化セラミドを配合しています。

・高分子ヒアルロン酸
1gで6ℓを蓄える成分で、表面を覆います。

・スーパーヒアルロン酸
吸着力が強く、皮膚と高分子ヒアルロン酸をくっつけます。

・低分子ヒアルロン酸
ナノサイズの小さな分子のヒアルロン酸が角質細胞の隙間に入り込みます。

・ナノ化セラミド
セラミドは角質層の間にあり、皮膚内部の水分の蒸発を防ぎます。
これを補う事で感想を防ぎます。

さらに、くすみやシミ対策に美白プラセンタを配合。
メラニンの生成の原因となるチロシナーゼ酵素の働きを防いで明るい肌に導きます。

合わせて行いたい、くまの解消法

・血行促進マッサージ
両手の薬指にクリームをたっぷりつけ、目の内側から外側のこめかみ、まぶたから外に円を描くように行います。
血液を流すイメージで 目頭の下 → 下まぶた → こめかみ → まぶた → 目頭 → こめかみ の順番にチューブを押し出すように血流を促す動きを3回行います。
このとき、皮膚を無理に引っ張ったり摩擦しないよう気をつけてください。
また、ホットタオルを目の上にのせてリラックスする事もおすすめです。

・コラーゲンを増やすケア
コラーゲンを増やすことで青クマが目立ちにくくなります。
・週一回、ピーリングを行う
・レチノール配合化粧品を使う

コラーゲン強化で、青クマを集中的に対策する化粧品も合わせて探しましょう。

・黒クマに有効なツボ
目尻の端のくぼみ、こめかみ付近にあるツボで、額のニキビにも効く
目の下中央から親指一本分下に位置するツボで、顔全体のむくみ、シワ、くすみにも効く

・表情筋を鍛える
たるみを防止するためには適度な表情筋のトレーニングは効果的です。
激しい表情筋のトレーニングは逆にコラーゲンを傷つけたり、表情ジワが刻まれてしまうので注意してください。

参考
目の下のたるみは美顔器でも解消できる

スキンケア大学「すぐできる!目の下のたるみと、まぶたのたるみを解消するツボ押しマッサージ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る