バレない豊胸手術なら脂肪注入、ヒアルロン酸よりおすすめの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バレない豊胸手術なら脂肪注入やヒアルロン酸注入がお勧めです。

胸の大きい女性たちの中で、AカップやBカップの小さい胸の人は、卑屈になっているかもしれません。
Cカップの人でも、もっと豊満な胸になりたいと思っている人は多いでしょう。

 


胸が小さくて悩んでいる人たちが考えることは、豊胸手術ではないでしょうか。
手術を考えてみても、不安なことが思い浮かび、実行できずにいる人はいるでしょう。
費用はもちろん、手術の痛みや術後の経過など、さまざまな不安を抱くものです。

中でも気になるのが、豊胸手術後の胸の形ではないでしょうか。
手術をしたことが、周囲の人たちにバレないだろうか、と不安に思う人もいるでしょう。
特に身近な彼氏やご主人に違和感を抱かれてしまうのではないか、と心配になるかもしれません。

誰もが豊胸手術をするなら、他の人にバレないより自然な形で、自然な感触になることを望むはずです。

豊胸手術の方法は、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、シリコンバッグの3通りがあります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、どの方法を選ぶかは、比較して検討するといいでしょう。

最もお手軽で行う人が多いのが、ヒアルロン酸注入です。
ヒアルロン酸注入は、メスで切ることもなく注射するだけですから、傷痕が残りません。
また、短時間で済み、即日でバストアップすることができます。
手軽に自然な形でバストアップできるヒアルロン酸注入は、バレない点でも人気ですが、サイズは1カップのバストアップしか期待できません。

叶姉妹のような豊胸を望む人には向いていませんが、バレない程度にバストアップしたい人には、有効な方法といえます。

脂肪注入は自分の二の腕やお腹から脂肪を取ってきて、それを胸に入れます。
柔らかさはあり自然ですが、ちょっと大掛かりな手術のため、ダウンタイムや痛みが気になります。
その点を考えると、まず初めはヒアルロン酸がおすすめだと言えるのです。

バレやすい豊胸手術

逆に一番バレやすいのは「シリコンバッグ」による手術です。
この方法は2カップ以上を一気に大きくしたい人がよく利用します。
そして、半永久的に体内に残るので1度の手術で終わりというのがメリットです。

しかし、何よりもバレる可能性が高いです。
とにかく形の自由がないのでボンと胸にくっつけたようになります。
そして硬いです。

他にバレる要素として、

1・術後の腫れや内出血が目立つ
2・胸の大きさの変化が大きく、今までと見た目が大きく異なる
3・傷跡が見える
4・触感が不自然

この中で気を付けたいのは2番の変化が大きすぎてしまうことです。
1度の手術で2カップアップするとやはり目立ってしまいます
急に谷間ができるので、同性の女性にもすぐに気づかれますし、男性も常に胸を見ているのですぐに噂になるでしょう。
そこでバレないためには、1カップずつ大きくする方法です。

ヒアルロン酸は1回の費用も安いので、1度に少しずつコントロールしてアップさせることができます。
そういった点でも自然であることに注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る