40代は疲れやすい、その理由と改善のためのサプリメントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

40代になると疲れやすいという声がよく聞かれます。
男性も女性も特にこの傾向が強いようです。
体力や筋力は20代がピークでその後衰えていきます。
そのことは常識的に知っているところですが、40代でも元気な人もいますよね。

 


その原因、違いは一体何なのでしょうか。
そのひとつに挙げられるのが、老化による体力の衰えです。

40年間生きてきた体はそれなりに老化が進み、それに伴って体力が低下して「疲れやすい」と感じることが増えてきます。
そのため若いころは平気で行っていた動作でも、40代になると疲労感を感じることになるのです。

そして一般的に男性よりも体力が低下しやすいため、女性から「疲れやすい」という声がよく聞かれるのだと考えられます。

また女性の場合、40代になると卵巣の機能が低下してきて、それにより疲労感を感じやすくなることもあります。いわゆる更年期の始まりです。

この時期には女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が徐々に少なくなってきます。
エストロゲンは女性の体に影響しやすく、この分泌量が少なくなると体が不調になってきます。

40代の女性が疲れやすいと感じるのは、このエストロゲンが減少しているせいだとも考えられます。
体力の衰えにせよ、ホルモンのバランスの乱れにせよ、疲れたと感じたときにはリラックスすることが大切です。

ぬるめのお風呂にゆっくり入るとか、好みのアロマを焚くなどして心身ともにリラックスするように心がけましょう。

最近は40代の女性に適したサプリメントも色々ありますので、それらを試すのも一つの方法です。また適度な運動も体調を整えるのに役立ちます。

必要なのは運動

まず疲れの原因になるのは心肺機能です。

人は動くことで神経系、循環器系、消化器系、筋肉、心臓の働きが維持されます。
動かないと衰えます。

ですので、適度な運動を続けることで疲れにくい体になります。
運動の際にはアミノ酸サプリメントを摂ると短期的な疲れを感じにくくなります。

 

体内では腸環境が大事

大腸内の細菌バランスも加齢と共に弱くなります。

腸の働きが悪くなると、老廃物の排出が上手く機能しなくなり、疲れの原因になります。そのため、善玉菌を意識的に増やすことが必要で、乳酸菌サプリメントを飲むのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る